富永直之・パラオ在住。ダイビングショップ・ブルーマリンのダイビングガイド。フリーダイビングの日本記録保持者でもあり世界選手権では日本人初のメダリストになる。


by bmtomi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

実はこの時期は。。。

こんにちは。

オフシーズンのパラオです。
お客さんの数は少ないのですが、
個人的には忙しいことにあまり変わりはありません。
ゲストが少なくルーティーンワークが減ると、物を考えたり見たりする時間ができたり、
こういう時にと後回しにしていたことに取り掛かったり、
思いついたアイディアに着手したりと、
時間ができたらできただけ仕事を増やしてしまっているので、
結局バタバタしていることに変わりが出ませんね。。。。

それはともかく毎年思うのですが
4月~6月あたりは1年で一番良いシーズンではないかと思います。
乾季と雨季の狭間で風があまり吹かず、海況も穏やかな日が一番多いのがこの時期です。
いわゆるべたなぎ、海面はツルツルで青空が水面に映りこむぐらい。
空はどこまでも青く澄み渡り日差しが痛いです。
ゲストも少なくダイビングポイントも空いていますよ。

c0100239_11391511.jpg

*写真は以前のものです。

ではまた!
[PR]
# by bmtomi | 2015-05-22 11:41 | その他パラオ

正夢なのか。。。。

こんばんは~。

いや~あまりにご無沙汰で申し訳ありません。
これからはせめて以前の頻度ぐらいは更新していきたいです。

ところで先日夢をみました。
僕は眠りと言えば熟睡→目覚め という具合なので全くと言っていいほど
毎日まったくなにも夢を覚えていません。
ところが先日は目覚めた時に直前まで見ていた夢を覚えていたのですが、
それが車の事故の夢でして。。。。。。

どういう夢かと言いますと
なぜか住宅街の駐車場というロケーションなのですが、
会社の青色のバンに乗り込むと、なぜかハンドルがなく、、、、、
そして乗り込んだ影響か?なぜかゆっくり前に車が動いてしまいまして、
あわててハンドブレーキを引くも車は止まらず、
前に駐車している車にぶつかり、その車がその前の車にぶつかり、
と玉突き事故になってしまったところで
あっそうだ!とフットブレーキを踏んだら車が止まった、という、、、
なんとも変な夢でした。

そしてぶつけられたほうの車の持ち主の1名が
パラオのローカル(お名前は控えます)の方でして、
僕はその方にすみません、すみませんとしきりに謝っている、
そのローカルの方は、も~うやだ!最近車のトラブルばっかりだ!と
癇癪を破裂させている、
それにたいして僕がまたすみません、すみません、と謝っている、
という、いったいどういう意味があるのか?
どんな暗示を示唆しているのか?不思議な夢でした。

というわけでその日の朝はちょっと慎重に運転して出勤したのですが、
特に何も起きませんでした。。。。
これから何か起きるんでしょうかね~?

ではまた!
[PR]
# by bmtomi | 2015-05-18 21:10 | その他パラオ

近況

こんばんは~。

今月発売された「ダイバー2月号」には
一緒に潜りたい看板ガイド、というコーナーに
クレイトンが載っているんですよ~!!!
ぜひチェックしてみてください!

お店の最近のニュースとしては
新艇 BM7が稼働始めたことですね~。
船体サイズはBM1と同じながら、随所に工夫を凝らして
より使いやすさ、快適さを求めて改良を加えております。
近々お店のHPにも載せますのでよろしくお願いします。

今年も早いもので始まったと思ったら、
もう1ヶ月経ってしまいました。
時間ばかりがあっという間に過ぎていきますが、
少しずつでも目標に向かって前進していく日々でありたいです!

ではまた!
[PR]
# by bmtomi | 2015-01-22 20:08 | その他パラオ

炸裂!

こんばんは~。

早くもツノダシ炸裂!!!!
本日は3ダイブ中2本でグリーンマンタに会いましたが、
そんなのも吹っ飛んだ、
淡い期待が大ヒットした本日のシアスでした!

早くも群れだしたツノダシは500匹以上いましたが、
数よりも良いもん見れましたよ!

c0100239_23122562.jpg


というのも産卵のためでしょうが、
沖へと出ていくツノダシの群れを追って
軽く100匹オーバーのサメが猛チェイス。
沖に出ていく途中で早くもサメの猛アタックを受け始めており、
すでに喰われ始めている感じです。
それにしてもツノダシ群が沖に出た時に、
深場から川のような数のサメが湧き上がり、
水面に上っていくさまは鳥肌もんでした。
いや~興奮しすぎてエアーが無くなりましたよ。。。。

c0100239_23131930.jpg


それはともかく途中で後ろのお客様が気になり追うのはやめましたが、
おそらくあのツノダシの群れは、ほぼ全滅するんじゃないですかね。
だってツノダシにとっては無防備な水面付近であれだけのサメに
アタックされたら1匹たりとも生き残れないと思うんですよね。。。。
うーんなんて厳しい世界なんだ。。。。。
などと思っていたら、その猛攻の間隙を縫って?
1匹のサメも付いていない別の群れが沖に出てきたじゃないですか!

c0100239_23134971.jpg


これって彼らの戦略なのでしょうか?
つまり最初に沖に出る群れはいわばディコイ、囮です。
全てのサメを引き連れ、できるだけ遠くまで離れていく。
1分1秒でも長くサメを引き連れていられるよう、
できるだけ長時間サメに喰われないように
群れの陣形を崩さず、乱さず、最後の1匹になっても逃げ続け、抵抗する。
そして全員喰われて死んでいく。
その間に産卵の本隊部隊が沖に出て無事に産卵を済ませる。
いや~なんて感動的なストーリーなんだ!と
一人合点をして、勝手に盛り上がってしまいました。
仮にそうだとすると、
いったい囮部隊はどのような基準や条件成り立っているんですかね?

c0100239_23143571.jpg


いつも結局最後は同じ感想になってしまいますが、
魚の世界は知らないことだらけです。

いや~面白かった!


*写真はすべてゲストに頂いたものです。
[PR]
# by bmtomi | 2014-12-01 23:19 | その他パラオ

当たり!

こんばんは~。

先日は調査ダイブへ行ってきました。
いや~いい調査ダイブでした!

こんなの見れました!
写真を添付します。

c0100239_2037319.jpg

c0100239_2038934.jpg

c0100239_2039097.jpg


3枚目はタマカイなのでいつも見れるとは限りませんが、
こんなのも出るような場所、ってことですね。
相当大きかったですよ~。2mは軽~く超えてました。
周囲にいたグレイリーフより一見して明らかにデカいハタなんて
なかなか会えるもんじゃないですよ。
体高の高さもちょっとすごかったです。
普段見慣れている大型のハタといえばヤイトハタやコクハンアラですが、
全然サイズが違います。大人と子供ぐらい違いました。
タマカイがハタの王者だとか人食い伝説が流布されてるのも納得のデカさでした。

タマカイもよかったですが、僕としては1枚目のギンガメが相当驚きでした。
この群れがいる環境がパラオで既存のギンガメが見れるポインとは
まったく類似していないんです。
正直なんでここにこんな群れがいるんだろう???
という驚きと疑問を、群れに遭遇したときにまず思いました。

でもそこにはギンガメ以外の魚もかなりいた場所だったんですよね~。
それもとても不思議でした。
なんで?なぜたくさんいるの?ということなのですが、
単に僕の知識や経験では「なぜここに?」の想像や予想がつかないだけで
魚にとってはちゃんと必然性があり、それを単に僕が知らないだけ、
ということなんですね。

いや~海ってホント楽しいし奥深い!
ガイドです、なんて言ったってこの海について知ってることなんてたかが知れてます。
興味は尽きないですね~

このギンガメのポイントはそのうち皆さんをご案内したいです!
お楽しみに~

ではまた
[PR]
# by bmtomi | 2014-10-29 21:09 | 調査ダイビング

光陰矢のごとし

こんばんは~。

現在パラオはすごい雷雨となっていま~す。
おかげで街中は停電だとか。。。。。。

お店のあるロイヤルホテルは発電機が動いているので
電気はちゃーんとあります。
帰ろうと思っていたんですが帰っても停電しているなら、、、
という消極的な理由で?ブログを書いています。
理由はともあれ今月3回目の投稿です!
いや~最近にしては珍しいですよ!

・・・・・・・

たった3回の投稿で、今月頑張ったな~
みたいな気分になるわけですから困ったもんですね。。。。

それはともかくこんな月刊誌、季刊誌みたいなブログなのに、
コメントを頂いてる皆様、ありがとうございます。
基本的にコメントを非公開とされている方には、
特にお返事を掲載しないようにしていますので、気を悪くされないでください。

先日ダイビングを始めて20年、と書きましたが、
パラオには12年以上住んでいます。
居ればいるほどやりたいことが出てくるわけで、そのたびに時間がもっとあれば、、、
と思ってしまいます。

今の体験と知識を持って12年前に戻れたら、、、、
でまた12年たったらさらに増えた知識や経験を持って
再び12年前に戻れたら、、、、、、、
などとアホなことを考えてしまいました。

こんな狭いパラオ周辺の海の事すら
すべて知り尽くすこと、見聞きして体験することは不可能なわけですが、
少しでも知りたいな~時間がもっとあればな~とは思ってしまいます。
自分の分身がいればここで仕事もしつつ、あっちで潜り、こっちで潜り、
とできるのにな~などというアホなことも、いつも思ってしまいます。

まあなんにせよ好きなことをできているので、基本的に幸せなのは間違いないですね。
とてもありがたいことです。

いや~なんだかよくわからない投稿になってきましたが、
雨脚も弱まってきたので、この辺で!


ではまた~
[PR]
# by bmtomi | 2014-09-23 20:28 | その他パラオ

満月の大潮

こんばんは~。

今日はすこぶる良いお天気でしたが風が強いですね~。
海況はあまり思わしくありません。

本日はスタッフと調査ダイブへ行ってきたところ、
こんな光景が見れました!

c0100239_20101684.jpg


ここまですごいムチヤギの森は初めてみました。
ユーカクチャネルの3ロック周辺と並ぶか、、、
いや、それ以上の密集具合と量でしたよ~。
ヤギは流れの速いところで生育していきます。
つまりこれだけ生えている、ということは結構な頻度で
ブン流れる場所、ということなんですね。
そして今日はスーパームーンと言われるいつもよりおっきな満月の大潮。
潜る前からブン流れてるのはわかりましたが、
このヤギの森が出てきたあたりは、一段とギアが上がり凶暴な流れになってましたよ。

僕としては初めて見るこのムチヤギの光景を見て「オオッ~!!!」と
興奮&嬉しかったですが、
同じ興奮や喜びをお客様が感じるか?というと、
多くのお客様がパラオに期待されるものとは、
かなり離れていると思うのでちょっと疑問ですね。
お魚、という点でも流れすぎるせいか?特に何もないので
まさにムチヤギの世界!
それがまた何とも言えず独特の世界で個人的には楽しかったですが・・・・

まあ、ちょっと流れが速すぎて普通のお客様には危なくてご案内もできませんし、
今日の場所はポイントになるか?と言ったらなりませんね。残念ながら。。。

そうそう調査ダイブがうまくいかないのは、先刻承知済みです。
なので特に残念とか、がっくり、というのはありません。
むしろ初めて見る光景に出合えて楽しかった~というところです。

調査はまだまだこれからも続けますよ!

ではまた
[PR]
# by bmtomi | 2014-09-09 20:22 | 調査ダイビング

20年

こんにちは。

先日お店のHPの中のコンテンツ「スペシャルイベントダイビング」のページを更新しました!
色々と楽しそうなダイビングを企画してみましたので、
興味がある方は是非ご覧になってみてください!
イベントダイブの内容はこれが最終系ではなく、今後も追加予定です。お楽しみに~!

ありがたいことに更新後、早速反応をいただいておりますが
イベントダイブは設定した日しか行いません、ということではないです。
従来通り設定日以外でもリクエストがあり、諸々条件が揃えば随時開催しますよ~。

また逆にイベントダイブのページで設定してある日程には、かならずそのダイビングを行います、
ということでもないので誤解の無いようにお願いします。
リクエストが揃わない、海況が悪い、等々でキャンセルすることもございます。
あらかじめご理解とご了承をお願いいたします。


ところで先日お客様からのご質問で気が付いたのですが、
今年は僕がダイビングを始めて20年目の年でした。仕事としては15年ですね。
20年という期間は僕にとっては人生の半分以上になります。
それだけの時間をダイビングと向き合ってきたことになるんですね。

またダイビング本数は何本ですか?というご質問も時々いただくのですが、
これについては本数はつけていないので正確にはわかりません。
1万本以上潜っているのは間違いないです。
本数はちゃんとつけておけばよかったな~と思う時があります。
わからないと知りたい、と思ってしまうのが人間の気持ちなのでしょうか?

それはともかくこれだけ潜ってきてもまだ飽きないし、
何万回と繰り返し水圧にさらされてきた耳は、
なんだか聞こえが遠くなってきてますが、まだやめようとは思わない、
リラックスできるダイビングをやり過ぎて脳みそまでリラックスしすぎてしまい
物忘れが酷くなってきてもまだやめようとは思わないのですから、
我ながら本当に海やダイビングが好きなのだと改めて思います。

てなことを言うとスタッフからは
耳が遠いのは不都合なことは聞こえない振りをしているだけじゃないですか?
物忘れが酷いのは単に人の話を聞き流しているだけじゃないですか?
と言われそうですが。。。。

え~まあそれはともかく
パラオの海にも10年以上潜ってきたので、
定番のポイントについては起こりうる大抵の事は繰り返し体験させてもらえたので、
最早たいていのことについて、無意識の新鮮なリアクションというのは
自分の中から湧いてくることは滅多にないですが、
かといって別に定番のポイントやダイビング、日常に倦んでいるわけではなく、
芯の部分ではやはり海やダイビングを楽しんでいるのだと思います。
細かい点については毎日違いますし、
そこから発見できるちょっとした感動、些細な興奮、楽しみ、そういうのは毎日あります。
昨日と今日がまったく一緒、というのはないですね。
それがいつまでも飽きない理由の一つなんだと思います。

スペシャルイベントで企画したことは季節限定や特定の月例限定、
というのばかりですので、毎日体験できることとは違います。
そういう意味で僕らも楽しみですね~!

ではでは!
[PR]
# by bmtomi | 2014-09-07 13:17 | その他パラオ

コントラスト

こんにちは~。

雨季真っ最中のパラオです。
南西風が強いのであまりゲメリスやウーロンには行けません。

今日は1週間ぶりぐらいにブルーコーナーに行ってきました!
水面はうねりがあり、棚上は軽い底揺れがあるようなコンディションでしたが、
潜ってしまえばまさに文字通りそこは別世界!
緩い上げ潮だったので、ドロップオフ沿いにはギンガメアジがずら~っと並んでました。
彼らも底揺れの影響を受けており、見ていると若干前後に揺られているのですが
全然平気そうです。

c0100239_20165080.jpg


僕はそんなギンガメを沖からボ~っと見ていたのですが、
ふと、、、
あいつらは絶えず揺らされて、酔って気持ち悪くならないのかな~?
そういえばゲロ吐いてる魚って見たことないな。
ウッ・・・・ボエェェェ~と吐いてるギンガメなんて見たことないな~
などと思ってしまいました。
僕らは1時間でコーナーを離れていきますが、
彼らは1日揺らされてるわけなので、ついバカなことを。。。。

c0100239_20153928.jpg


さらによく見ると黒く体色を変え、メスとオスで愛のペアリングとなっている
ギンガメ達もいます。
ちょっとあんたねぇ、こんなユラユラしてる時にいい加減にしなさい!
などという感じではなさそうです。
うーん、彼らにとってはこの程度の荒れ模様は日常の範疇のようです。

まあ人間の僕が酔ったりパニくるような海況でもないのに、
魚は言わずもがな。。。ってなものですが、
今日は海が穏やかな時と違って
水面を挟んで上は荒れ模様な陸上世界、
下は穏やかな水中世界というコントラストがくっきり際立ったので、
つい陸上からの感覚そのままに魚を見ていたようです。

ではまた~


写真は以前ゲストにいただいたものを、今日のテーマ?に合わせて
コントラストをいじってみました。
[PR]
# by bmtomi | 2014-07-21 20:30 | その他パラオ

スパッと終了!

こんばんは。

なるべくブログをUPする、とか言いながら
やっぱりご無沙汰になってしまいました。
すみませ~ん。

最近のパラオは雨季のコンディションで、
毎日西寄りの強風、太陽もなく海況も悪い、という感じです。
今年はバチッと季節が変わった印象です。
6月はずっと良いコンディションでしたからね。

強烈な日差しもなくて涼しいから、というわけではないですが
たまたま昨日までの2日間は予定通り、
コンプレッサーのオーバーホールをチャージマンのケルビンとしていました。
一年に一回のこの作業も、回を重ねれば徐々に習熟してくるもので
去年は三日かかっていたものが今年は二日で終わらせることができました。

分解、洗浄、必要なパーツ交換、そして組み立てなおして試運転
今年は初めてOH後の試運転時に特に何も問題が起きなくて、
作業が一発で終了しました!
例年どこかしらに何かしら不具合が生じ、それを調整、もしくは問題発見、解決、
という厄介な作業がついて回っていたので、
何も起きずに一回ですべてうまくビタッとハマって
作業が終わった時の嬉しさったらなかったですね~。
そして本日も特に問題なく動いた、とのケルビンからの報告があり
やれやれと一安心です。

というわけでコンプレッサーの大きなメンテナンスは、
また来年のこの時期まで特に予定はしてません。
今年も1年、よろしくね~!!!とコンプレッサーに語りかけたのでした。

ではでは
[PR]
# by bmtomi | 2014-07-03 21:27 | その他パラオ