人気ブログランキング |

富永直之・パラオ在住。ダイビングショップ・ブルーマリンのダイビングガイド。フリーダイビングの選手であった時もあり、世界選手権では日本人初のメダリストになる。


by bmtomi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アカボウクジラ

こんにちは。

お盆も終わり、ひと段落のパラオです。
またまた2か月くらい更新がほったらかしですみませんでした。

先日のFBに投稿しましたが、アカボウクジラを初めて間近で観察できました!
自身3回目の遭遇ですが、今回がダントツで近い距離で見れましたよ。
過去2回はすべて、発見、近寄るとすぐに潜航、それでおしまい、
というパターンでしたが、今回はクジラがボートの周りを2回周り
顔をあげてはこちらを観察、ということをしましたので、
その間、5mぐらいの距離で見れた、というわけです。

アカボウクジラの仲間は
普段陸地から遠い外洋に住んでいる、1000m以深で1時間以上潜れる高い潜水能力、
臆病ですぐに逃げる、などの理由からくる観察の困難さにより、
まだまだ生態等不明な点が大変多いそうです。
種類によっては老成すると下あごの歯が長く伸び、
上あごの上で交差してしまうというのもいるそうですが、
自分の歯のせいで、口を上下に大きくちゃんと開けることができない、
という状態になってしまうそうで、、、、
それでも餌をとるには困らないから、生きていけるのでしょうが
うーん、、、意味が分からん。不思議ですよね~。

息をこらえて千メートル以上も潜った挙句、
口を目いっぱい開けることができずに狩りに臨む、、、
うーん、、、そんなことってあるんかいな?
と思ってしまいますが、生き物は知らないことだらけ。
いや~不思議です。

鳥類などでは親が子供に口移しで食べ物を与えたりしますが、
このクジラは老成すると子供から口移しで
半分消化したイカとか与えてもらってるのかな?
少数の家族単位の群れで行動するみたいですので、
老成した親クジラを子供が世話している、ということがあったりして。

それはともく2シーズン目を終えた今期は観測できた鯨類に
前回の記事に投稿した新たにシワハイルカ、というイルカが追加されました!
鯨類図鑑の分布など見ていると、まだ遭遇できる可能性のありそうな鯨類が
何種類か残ってますので楽しみです!
それにシャチ!僕はまだパラオで会ったことはありません。
パラオでのシャチの目撃例はゼロではないので、
いつか会えるかも。。。という夢があるので
何もない真っ青な外洋に乗り出すたびに、胸がわくわくしていまします。

ではまた~



# by bmtomi | 2019-08-22 12:42 | クジラ

初確認

こんばんは~。

FBとインスタにもあがりましたが、
先日シワハイルカなるものを初めて確認しました。
パラオで確認した鯨類にまた新たに1種加えることができました。
とはいえ外洋性のようでいつでも見られることはないと思うので、
かなりラッキーだったとは思います。

この時はシワハイルカだけでなくて、オキゴンドウとコビレゴンドウが
混成で200頭以上で群れており、すごい光景でしたよ~。
特にオキゴンドウはウジャウジャと集まってきて、
船首で波乗りしていっぱい遊んでくれたので、
大いに楽しめました!
コビレゴンドウはやや警戒心が強くそこまで寄らせてくれませんでしたが、
ムキムキのたくましい体つきと背びれが良く目立ちます。
オキゴンドウはスラっとしてスリムですね。
c0100239_19435146.jpg
上:オキゴンドウ
下:コビレゴンドウ
c0100239_19441009.jpg

さんざん楽しんだ後は次はマッコウじゃ~!と
鼻息荒く探しましたがこの時はマッコウには出会えず。。。

それにしてもマッコウは出会うとその巨大さに圧倒されますが、
大海原をクジラを求めて探しているときは、海の広さばかり感じられて
生物のなんとちっぽけな事か、とつくづく思ってしまいます。

ではではツアーのご参加お待ちしていま~す!


# by bmtomi | 2019-06-17 19:48 | クジラ

始まりは、、、

おはようございます。

平成最後はバショウカジキで終わりましたが、
令和一発目はというと、
テールトップ、イレズミフエダイの大産卵でした~。

c0100239_08011463.jpg

今までテールトップでは何度もイレズミを見ていますが、
産卵だけは当たらず、一体いつのタイミングでどこを潜ったら産卵しているのか?
よくわかりませんでしたが、昨日は産卵のドピークに遭遇!
僕自身はもちろん、BMでもここでの産卵は初めて確認しましたが、
パラオ全体でもテールトップでのイレズミの産卵、というのは聞いたことがなかったので、
もしかしたらパラオでも初めて確認されたことかもしれません。
もちろんイレズミを狙うカマストガリやブルもウヨウヨいましたよ~。

いや~いいダイビングでした!。



# by bmtomi | 2019-05-02 08:02 | ダイビング

締めの

こんばんは~。

GW真っ只中、お陰様で忙しい毎日です。
いつもご来店いただきありがとうございます!

今日はペリリューへ遠征。
イレズミ狙いで行ってきました。
1本目、2本目ともにイレズミ、ロウニンとおさえての
平成最後のダイビングとなった3本目に出ました~!
いや~素晴らしい締めでした!

c0100239_19555587.jpg
*写真はお客様にいただきました。

明日は令和最初のダイビング。
海況がよければテールトップへ遠征予定、ダメならペリリューです。
また何か出るかな~。

ではまた!






# by bmtomi | 2019-04-30 19:56 | ダイビング

また出た!

一昨日、また奴がでました。
ジンベイザメです。

今年は、あくまでもパラオとしてはですが、
出まくっている、と言っていい状況です。
こんなに目撃例が続くのは、僕は過去には記憶がないですね。

今年に入って毎月のように出ていますが、
ほぼすべての目撃例が満月、新月周りと重なっています。
うーん、こりゃ何かありますな!
次回の新月は5/5!
5/4~5/6あたりがジンベイの狙い目?ということになるのでしょうか?
でもどこで出るのかな~?
果たしてまたまた出るのか!出ないのか?
楽しみ~!!!

c0100239_16434523.jpg




# by bmtomi | 2019-04-21 16:44 | ダイビング

調査ダイブ

こんばんは。

先日は調査ダイブに行ってきました~。
なかなか良さげな場所を見つけましたよ!
ギンガメの群れとバラクーダの群れが同時に見られるポイントです。
といってもギンガメは全く人馴れしていないので、
超高速で動き回り、じっくり見られるか?というとちょっと難しそうですけどね。

c0100239_19523361.jpg

実はこの2つの群れが同時に見られるポイントって、
パラオではごく限られたポイントのみです。
有名かつ、手堅いのはブルーコーナーですね。

c0100239_19515822.jpg

なのでそういう意味でもポテンシャルのある場所ですので、
今度また潜りこんできま~す。





# by bmtomi | 2019-04-14 19:53 | 調査ダイビング

イベント終了

こんばんは。

3月末から続いた2週間ほどのイベントダイブも
昨日のアンガウル遠征をもっていったん終了しました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

序盤のペリリューではイレズミが爆発!連日イレズミまみれになってきました~。
c0100239_19042553.jpg
c0100239_19055698.jpg
締めのアンガウルも良かったですよ~。
何か特別なものは出ませんでしたが、各エリアに固有の顔があるように
アンガウルにはアンガウルでしか味わえない水中景観と表情があり、
とっても面白かったです。
どこを潜っても他のポイントでは体験できない大量のウメイロモドキとクマザサ、
それにツムブリ、野性味あふれるサメがとっても印象的でしたね。
また行きましょう!
c0100239_19110032.jpg





# by bmtomi | 2019-04-07 19:12 | ダイビング

バラフエ爆発

こんばんは。

今日は個人的に久しぶりに早朝バラフエの産卵狙いからの
ペリリューのガイドをさせていただきました。
バラフエは潮が緩くてなかなか産卵をはじめなかったのですが、
待って待って、、、大爆発~!
水中があっという間にバラフエの精子と卵子で真っ白になっていきました。

バラフエを狙うブルが4匹、カマストガリは3匹確認でき、
何度もバラフエの産卵と同時に捕食しようと突っ込んでいっているシーンを見ました。
でもって興奮しているブルを挑発したら、思いっきりこっちに突っ込んできたので
かなりエキサイティングでしたけどね。

ペリリューに移動しての1本目は、激流過ぎてエキスプレスの付け根でまったりダイブ。
流れが緩くなったペリリュー2本目はロウニンと特大のブル1匹が出てきました。
バラフエからのペリリューは、1本1本が見どころ満載です。

写真はすべてお客様にいただきました!
バラフエの大集団とブルが突っ込んでくるところです。
ではまた~

c0100239_19334158.jpg
c0100239_19333285.jpg
c0100239_19380427.jpg
c0100239_19381621.jpg


# by bmtomi | 2019-03-19 19:41 | ダイビング

マンタにも、、、

おはようございます。

一昨日からJALチャーター便でにぎわっているパラオです。
これからは満月、その後は新月のイレズミフエダイが始まってくるので、
お陰様で4月頭まで忙しい日々が続きそうです。

昨日はグラスランドで久しぶりにマンタが出ました。
深場から現れ、行ったり来たりとウロウロし、
どうも変な動きだな、、、と思っていたら、
いきなりバク転をしながらウ●コを放出。

その後も行ったり来たりとウロウロを続け、
砂地にお腹をこすりつけているシーンを
一緒のボートだったヒロチームは見ているので、
どうもお腹の具合がよろしくなかったようです。

何を食べたんですかね~?
腹痛のマンタってのも、なんか笑えます。
脂汗とかかくんですかね?
実はダイバーが知らないだけで、
翼のようなヒレでお腹を押さえてたりして。。。
別のマンタに背中をさすってもらったりして。。。
お腹が緩くて何度も何度もウ●コすると、
マンタも切れ痔とかになるのかな???

などと想像をしながら、ニヤけて見てしまいました。

ではまた。
c0100239_08212079.jpg








# by bmtomi | 2019-03-15 08:24 | ダイビング

思い込みは禁物

こんばんは。

3月6日、7日と2日続けてのジンベイ出現に沸いたパラオです。
パラオでジンベイは年間10件に届くかどうか?というような遭遇回数なので、
一人一人のガイドレベルで考えると相当にレアです。
マンボウに至ってはパラオではオオカミ少年となるレベルで
目撃例は基本的には全くないのですが、過去にはゼロではないです。
僕も個人的にはカジキやハンマーのほうがよっぽど会えていますからね。

何年前か忘れましたけど、だいぶ以前にもその時は1月1日と2日という
ありえないようなタイミングで2日続けてジンベイが出た時があったと
記憶しています。

そのほかにもやはり1日目はタートルコーブ沖で船上から目撃例があり、
次の日はニュードロップでダイバーがジンベイに遭遇、という時もありました。
その翌日、僕はお客様に一昨日、昨日とこんなことがあったので、
今日はもしかしたら3日連続で出ちゃうかもしれませんよ~
などと言ってブルーコーナーに潜ったところ、
本当に3日連続で出た!という時もありました。

ただしその時は最初に発見したゲストしか見てないうえに、
僕のせいで他のゲストの皆さんも見れなかったんですけどね。。。。。
というのも沖の中層でバラクーダの群れを見ているときに、
激しくベルが鳴ったんです。
その瞬間、僕は「本当にジンベイが今日も出た!棚上だ!」と勝手に思い込み、
ポカンとしてるゲストをせかして、せかして、急いで棚に戻ったのに何もおらず、、、、

何のことはない、僕のゲストの一人がバラクーダから目を離してふと足元を見ると、
優雅に泳いでいるジンベイを見つけてベルを鳴らしたところ、
僕がいきなり棚に向かってダッシュしていきながら、
早くこっちへ来い、早くこっちへ来い、というので、
こちらもジンベイいるよ!とベルを鳴らしていたのに、、、、というオチで
ダイビング後、皆さんから大ブーイングの嵐だったことは言うまでもありません。

いや~思い込みは禁物ですな。











# by bmtomi | 2019-03-08 20:17 | ダイビング